日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

興収40億円確実 「信長協奏曲」成功は低迷フジの戦略勝ち

 小栗旬主演の「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」が1月23日の公開以来、大ヒットを続けていて、映画業界を驚かせている。

 この作品、実は業界では期待値がそれほど高くなかったが、ふたを開けてみたら、スタート2日間で興収6億円を超え、最終では40億円突破がほぼ確実だというから、映画業界ならずともビックリだろう。なぜ、大ヒットになっているのか。

 その前に、製作はフジテレビである。ドラマなどの低視聴率が続き、今やもっとも業績が厳しいテレビ局のひとつともいわれる。そのフジが、映画事業の「信長協奏曲」で本当に久しぶりに留飲を下げた。

 ドラマの映画化だが、ドラマそのものは14年12月に終了している。戦国時代にタイムスリップした高校生が、自分とそっくりな信長と入れ代わるという奇想天外な中身で注目されたが、視聴率は飛び抜けて高くはなかった。しかも、映画公開まで1年以上も間があき、期待値は薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事