興収40億円確実 「信長協奏曲」成功は低迷フジの戦略勝ち

公開日:  更新日:

 小栗旬主演の「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」が1月23日の公開以来、大ヒットを続けていて、映画業界を驚かせている。

 この作品、実は業界では期待値がそれほど高くなかったが、ふたを開けてみたら、スタート2日間で興収6億円を超え、最終では40億円突破がほぼ確実だというから、映画業界ならずともビックリだろう。なぜ、大ヒットになっているのか。

 その前に、製作はフジテレビである。ドラマなどの低視聴率が続き、今やもっとも業績が厳しいテレビ局のひとつともいわれる。そのフジが、映画事業の「信長協奏曲」で本当に久しぶりに留飲を下げた。

 ドラマの映画化だが、ドラマそのものは14年12月に終了している。戦国時代にタイムスリップした高校生が、自分とそっくりな信長と入れ代わるという奇想天外な中身で注目されたが、視聴率は飛び抜けて高くはなかった。しかも、映画公開まで1年以上も間があき、期待値は薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る