興収40億円確実 「信長協奏曲」成功は低迷フジの戦略勝ち

公開日: 更新日:

 小栗旬主演の「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」が1月23日の公開以来、大ヒットを続けていて、映画業界を驚かせている。

 この作品、実は業界では期待値がそれほど高くなかったが、ふたを開けてみたら、スタート2日間で興収6億円を超え、最終では40億円突破がほぼ確実だというから、映画業界ならずともビックリだろう。なぜ、大ヒットになっているのか。

 その前に、製作はフジテレビである。ドラマなどの低視聴率が続き、今やもっとも業績が厳しいテレビ局のひとつともいわれる。そのフジが、映画事業の「信長協奏曲」で本当に久しぶりに留飲を下げた。

 ドラマの映画化だが、ドラマそのものは14年12月に終了している。戦国時代にタイムスリップした高校生が、自分とそっくりな信長と入れ代わるという奇想天外な中身で注目されたが、視聴率は飛び抜けて高くはなかった。しかも、映画公開まで1年以上も間があき、期待値は薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  8. 8

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る