日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
立川志の輔
著者のコラム一覧
立川志の輔落語家

昭和29(1954)年2月15日、富山県射水市(旧新湊市)生まれ。51年、明治大学卒業。以降、劇団所属、および広告代理店に勤務。58年、立川談志門下入門。平成元年、にっかん飛切落語会奨励賞受賞。2年、文化庁芸術祭賞受賞、立川流真打ち昇進。19年、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。27年、NHK放送文化賞受賞、紫綬褒章受章。

<第3回>舞台に鹿の剥製や超特大ガラガラ、人間ひな人形を…

舞台にドーン!(C)日刊ゲンダイ

 私が最初に衝撃を受けた志の輔作の新作落語は、パルコ公演6年目の2001年に演じた「ディアファミリー」である。父親の勤続30年の記念に社長から大きな鹿の頭の剥製が家に届く。家族が全員で置き場所について揉めていくうち、自分が大切にしていた物が他の家族にとっては邪魔なゴミ同然だったと…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事