ベッキーの穴埋まるか サンミュージックに吹く“神風”伝説

公開日: 更新日:

 ベッキーの“穴”はどこまで埋まるのか。

 山形・出羽三山神社の元巫女で演歌歌手の羽山みずき(24)が22日、都内でデビューコンベンションを開催した。小学6年生から山形県歌謡振興会に所属し、中学3年生の頃から演歌に興味を持ち始めたという羽山は、昨年3月に行われた「日本クラウン新人オーディション」でグランプリを獲得。芸能事務所「サンミュージックプロダクション」に所属し、4月6日の「紅花慕情」で正式デビューする。

 昨年12月に2010年から6年間務めた巫女を辞めて上京。東京生活2カ月の羽山は「家の近くにドラッグストアとか100円ショップとかがあるので便利でうれしい。人もすごく多くて、いつもお祭りの帰りみたい」と庄内弁で訛りながら話し、取材に訪れた報道陣を和ませていた。

 元巫女という肩書から、「開運演歌歌手」ともいわれており、「一度おみくじで『大凶』を引いたことがあるので、あんまり好きではなかったんですけど、この前、取材で引かせてもらったら『吉』が出たので安心しています」と苦笑い。それでも日本クラウンの和田社長は「社運をかけて売っていきたい」と気合十分。サンミュージックも上杉香緒里(40)以来21年ぶりの新人演歌歌手とあって、力の入れようが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る