もはや過去の人?トム・ジョーンズ日本公演“不人気”の謎

公開日: 更新日:

「え、まだ元気だったの?」が大方の正直な感想だろう。イギリス出身の歌手、トム・ジョーンズ(75)のことだ。4月11日に来日するのだが、周辺からは“わびしい”話しか聞こえてこないのだ。

「まず会場のランクです。全盛期だった70年代に来日した際は、日本武道館や大阪フェスティバルホール、さらには当時“アジア最大の社交場”と言われた赤坂の『ニューラテンクォーター』などで開催されたものです。ところが、今回は昭和女子大の記念講堂と、大阪のオリックス劇場という2カ所のみ。“都落ち感”は否めません」(音楽関係者)

 チケットの料金もビックリだ。かつて「ニューラテンクォーター」は定価が12万円、武道館もプレミアがついて「一席10万円以上」などと言われ、当時は芸能マスコミが本人ほったらかしで「10万円を払って見に来たのは誰だ」なんて特集も組んだほど。ところが、今回は当時の約10分の1の1万3000円。お手軽価格になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る