もはや過去の人?トム・ジョーンズ日本公演“不人気”の謎

公開日:  更新日:

「え、まだ元気だったの?」が大方の正直な感想だろう。イギリス出身の歌手、トム・ジョーンズ(75)のことだ。4月11日に来日するのだが、周辺からは“わびしい”話しか聞こえてこないのだ。

「まず会場のランクです。全盛期だった70年代に来日した際は、日本武道館や大阪フェスティバルホール、さらには当時“アジア最大の社交場”と言われた赤坂の『ニューラテンクォーター』などで開催されたものです。ところが、今回は昭和女子大の記念講堂と、大阪のオリックス劇場という2カ所のみ。“都落ち感”は否めません」(音楽関係者)

 チケットの料金もビックリだ。かつて「ニューラテンクォーター」は定価が12万円、武道館もプレミアがついて「一席10万円以上」などと言われ、当時は芸能マスコミが本人ほったらかしで「10万円を払って見に来たのは誰だ」なんて特集も組んだほど。ところが、今回は当時の約10分の1の1万3000円。お手軽価格になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る