もはや過去の人?トム・ジョーンズ日本公演“不人気”の謎

公開日: 更新日:

「え、まだ元気だったの?」が大方の正直な感想だろう。イギリス出身の歌手、トム・ジョーンズ(75)のことだ。4月11日に来日するのだが、周辺からは“わびしい”話しか聞こえてこないのだ。

「まず会場のランクです。全盛期だった70年代に来日した際は、日本武道館や大阪フェスティバルホール、さらには当時“アジア最大の社交場”と言われた赤坂の『ニューラテンクォーター』などで開催されたものです。ところが、今回は昭和女子大の記念講堂と、大阪のオリックス劇場という2カ所のみ。“都落ち感”は否めません」(音楽関係者)

 チケットの料金もビックリだ。かつて「ニューラテンクォーター」は定価が12万円、武道館もプレミアがついて「一席10万円以上」などと言われ、当時は芸能マスコミが本人ほったらかしで「10万円を払って見に来たのは誰だ」なんて特集も組んだほど。ところが、今回は当時の約10分の1の1万3000円。お手軽価格になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る