民放で争奪戦勃発 朝ドラヒロイン高畑充希の“ブランド力”

公開日: 更新日:

「あさが来た」の後を受けて4日にスタートしたNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の滑り出しが好調だ。初回視聴率22.6%を記録、2回目22.2%、3回目20.7%、4回目21.5%(ビデオリサーチ調べ、東京地区)と20%超をキープしている。

 主演は高畑充希(24)。生活情報誌「暮しの手帖」の創業者、編集者の大橋鎮子の人生をモチーフにしたストーリーで、今週は子供時代。長女・常子が結核で亡くなる父親(とと)から母親(かか)と2人の妹のため「ととの代わりになってほしい」と頼まれ、約束するまでで、高畑が本格的に出演するのは来週からだ。

 ところで、まだドラマが始まったばかりだというのに、“高畑人気”が沸騰しているという。

「ここ数年、朝ドラは好視聴率を維持し、『あさが来た』が21世紀に入って最高平均視聴率の23.5%を記録するに至って朝ドラのヒロインの“価値”が不動のものになりつつある。『あさが来た』の波瑠が13日スタートの『世界一難しい恋』(日本テレビ系)に出演するように、高畑争奪戦が展開され、『とと姉ちゃん』終了後の今秋のドラマの出演、キャスティングがほぼ決まったといわれています」(放送関係者)

「とと姉ちゃん」は遠州が舞台で、とと、かかの呼称が印象的だし、遠州弁独特の語尾の「だに?」「だに!」という言い回しも話題である。

 相乗効果で高畑人気がさらにアップする可能性も高い。朝ドラのヒロインは今や“ブランド”といってよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る