元「ニコラ」伝説モデル岡本玲 CM起用で再注目までの軌跡

公開日: 更新日:

 ローソンのCMシリーズに出演して、口いっぱいに商品を頬張ったり、あどけない寝顔まで披露して、「ヤバいくらいかわいい。癒やされる」「ほっこりする」と、男女から絶賛されているのが女優の岡本玲だ。

 かわいいのは当たり前かもしれない。何しろ、新垣結衣栗山千明西内まりやなど、そうそうたるメンバーも所属していたファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして、5年連続人気投票1位、表紙登場回数25回という記録ずくめの偉業を達成し「ニコラ伝説」となっている「10代のカリスマ」だったのだ。

「当時は雑誌で岡本が使用したものは何でも問い合わせが殺到し、“岡本が触れば売れる”という伝説もあった。そのため、ファッションブランドなどからは岡本に使ってほしいという指名が山ほどあったそうです。岡本を表紙に起用し始めてから雑誌の売り上げも急上昇して、ローティーン向けファッション誌ナンバーワンになったともいわれています。満を持して女優デビューを果たしたのですが、そこからがあまりパッとしなかった」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る