元「ニコラ」伝説モデル岡本玲 CM起用で再注目までの軌跡

公開日:  更新日:

 ローソンのCMシリーズに出演して、口いっぱいに商品を頬張ったり、あどけない寝顔まで披露して、「ヤバいくらいかわいい。癒やされる」「ほっこりする」と、男女から絶賛されているのが女優の岡本玲だ。

 かわいいのは当たり前かもしれない。何しろ、新垣結衣や栗山千明、西内まりやなど、そうそうたるメンバーも所属していたファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして、5年連続人気投票1位、表紙登場回数25回という記録ずくめの偉業を達成し「ニコラ伝説」となっている「10代のカリスマ」だったのだ。

「当時は雑誌で岡本が使用したものは何でも問い合わせが殺到し、“岡本が触れば売れる”という伝説もあった。そのため、ファッションブランドなどからは岡本に使ってほしいという指名が山ほどあったそうです。岡本を表紙に起用し始めてから雑誌の売り上げも急上昇して、ローティーン向けファッション誌ナンバーワンになったともいわれています。満を持して女優デビューを果たしたのですが、そこからがあまりパッとしなかった」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る