長野の山奥に降臨 ミランダ・カー「みそ蔵」訪問密着ルポ

公開日:  更新日:

 粋なハッピ姿で「Miso! Oishii!!」と声を弾ませた。

 東京から260キロ、ナビでも検索できないような人里離れた長野の山奥に姿を見せたのは豪出身の世界的トップモデル、ミランダ・カー(33)。国内トップシェアを誇る安政元年(1854年)創業の老舗味噌メーカー「マルコメ」(本社・長野市)のアンバサダーに就任し、21日、同社の味噌蔵(長野県大町市)を訪れたのだ。

 健康志向のグランマ(祖母)に勧められ、10代の頃から味噌に慣れ親しんでいたというミランダ。現在は毎朝欠かさず味噌汁を飲んでいるそうで、お気に入りの具は「seaweed(ワカメ)」。

 そんな日本通の味噌ラバーに、「発酵食の魅力をPRするアンバサダーになっていただいた」(マルコメ青木時男社長=59)ことで実現した今回の信州訪問。日常生活では嗅ぐことのないであろう発酵臭もなんのその。遠路を苦にする様子もなく終始ご機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る