• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深田恭子がトバッチリ 「アリス」続編“記録的惨敗”の災難

 10日、深田恭子(33)が映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の舞台挨拶に登壇。6年ぶりの続編となった今回も前作に続き「白の女王(ミラーナ)」の吹き替えを担当した深田は、純白のドレスで登場すると「まず続編があることに驚きました。この6年間にいろいろな仕事をさせていただいたので、それが少しでも生かせたらと思って演じさせてもらいました」と語った。

 深田が続編の決定以上に驚いたのは“惨敗”の現状だろう。

 1日から全国979スクリーンで公開されたこの作品、公開初週の土日2日間で動員27万3209人、興行収入4億2545万7700円と、ディズニー映画としては惨憺たる数字。10日時点でも、興収11億円、動員人数は72万人。2010年に公開された前作は3D映画のパイオニア的作品としても注目され、興収118億円(2010年の興収第2位)を記録したが、今作は動員比で約33%、最終的な興収は30億円に届くかどうかだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る