深田恭子がトバッチリ 「アリス」続編“記録的惨敗”の災難

公開日: 更新日:

 10日、深田恭子(33)が映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の舞台挨拶に登壇。6年ぶりの続編となった今回も前作に続き「白の女王(ミラーナ)」の吹き替えを担当した深田は、純白のドレスで登場すると「まず続編があることに驚きました。この6年間にいろいろな仕事をさせていただいたので、それが少しでも生かせたらと思って演じさせてもらいました」と語った。

 深田が続編の決定以上に驚いたのは“惨敗”の現状だろう。

 1日から全国979スクリーンで公開されたこの作品、公開初週の土日2日間で動員27万3209人、興行収入4億2545万7700円と、ディズニー映画としては惨憺たる数字。10日時点でも、興収11億円、動員人数は72万人。2010年に公開された前作は3D映画のパイオニア的作品としても注目され、興収118億円(2010年の興収第2位)を記録したが、今作は動員比で約33%、最終的な興収は30億円に届くかどうかだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る