• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドリー」など大作続編ズラリ 2016年夏映画は大混戦に

 夏休みの映画戦線は早くも活況を呈している。ディズニー/ピクサーの「ファインディング・ドリー」(7月16日公開)と、20世紀フォックス映画による「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(同9日公開)の洋画2作品が昨29日、それぞれ記者会見を開き、ド派手なPR合戦を展開したのだ。

 会見の日程が重なったのは偶然のようだが、「互いに意識しないわけがない」(配給会社関係者)。というのも、「ファインディング・ニモ」から13年、「インデペンデンス・デイ」から20年――共に大ヒットした前作の続編として厳しい目が向けられる境遇も似ているのである。

 そんな中、すでに米国で公開している「ドリー」は、公開3日間で興収1億3620万ドルを突破し、アニメ史上全米歴代ナンバーワン・オープニングを更新。会見には室井滋(57)や「とんねるず」木梨憲武(54)をはじめ、吹き替え版の声優を務めた面々が登場し、「厳しいアフレコと編集で出来上がった作品」(木梨)とストイックな製作現場の裏側を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る