「ドリー」など大作続編ズラリ 2016年夏映画は大混戦に

公開日:  更新日:

 夏休みの映画戦線は早くも活況を呈している。ディズニー/ピクサーの「ファインディング・ドリー」(7月16日公開)と、20世紀フォックス映画による「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(同9日公開)の洋画2作品が昨29日、それぞれ記者会見を開き、ド派手なPR合戦を展開したのだ。

 会見の日程が重なったのは偶然のようだが、「互いに意識しないわけがない」(配給会社関係者)。というのも、「ファインディング・ニモ」から13年、「インデペンデンス・デイ」から20年――共に大ヒットした前作の続編として厳しい目が向けられる境遇も似ているのである。

 そんな中、すでに米国で公開している「ドリー」は、公開3日間で興収1億3620万ドルを突破し、アニメ史上全米歴代ナンバーワン・オープニングを更新。会見には室井滋(57)や「とんねるず」木梨憲武(54)をはじめ、吹き替え版の声優を務めた面々が登場し、「厳しいアフレコと編集で出来上がった作品」(木梨)とストイックな製作現場の裏側を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る