「ドリー」など大作続編ズラリ 2016年夏映画は大混戦に

公開日: 更新日:

 夏休みの映画戦線は早くも活況を呈している。ディズニー/ピクサーの「ファインディング・ドリー」(7月16日公開)と、20世紀フォックス映画による「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(同9日公開)の洋画2作品が昨29日、それぞれ記者会見を開き、ド派手なPR合戦を展開したのだ。

 会見の日程が重なったのは偶然のようだが、「互いに意識しないわけがない」(配給会社関係者)。というのも、「ファインディング・ニモ」から13年、「インデペンデンス・デイ」から20年――共に大ヒットした前作の続編として厳しい目が向けられる境遇も似ているのである。

 そんな中、すでに米国で公開している「ドリー」は、公開3日間で興収1億3620万ドルを突破し、アニメ史上全米歴代ナンバーワン・オープニングを更新。会見には室井滋(57)や「とんねるず」木梨憲武(54)をはじめ、吹き替え版の声優を務めた面々が登場し、「厳しいアフレコと編集で出来上がった作品」(木梨)とストイックな製作現場の裏側を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る