桐谷美玲も犠牲か? フジ「月9」の“史上最低”スパイラル

公開日:  更新日:

 桐谷美玲(26)が主演することが決まっている次期“月9”「好きな人がいること」に追加キャストとして若手女優の大原櫻子(20)や実力派の吉田鋼太郎(57)らを投入することが12日分かった。

 ドラマは人気若手・山崎賢人(21)、三浦翔平(27)、野村周平(22)のイケメン3人組と桐谷との恋愛模様を中心に描くらしいが、有村架純(23)を起用した「いつ恋」、福山雅治(47)の「ラヴソング」に続いて、今度も「月9史上最低」を更新するのではないかともっぱら。発売中の「週刊新潮」で、「フジテレビはなぜ凋落したのか」の著者・吉野嘉高氏がこう指摘している。

「おそらくこのドラマは10代、20代をメインターゲットにしているのでしょう。しかし、この世代は最もテレビを見ていません。自分たちでストライクゾーンを小さくしておいて、そこにコントロールが利いていないボールを投げているようなもの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る