「アリス」続編は前作興収30%発進 3D時代は終わるのか?

公開日: 更新日:

 夏休みを視野に入れた今年の夏興行に早くも異変だ。第1弾で7月1日から公開されたばかりの米映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がいまひとつのスタートなのである。

 前作「アリス・イン・ワンダーランド」は2010年4月に公開され、なんと興収118億円を記録し、その年の興収第2位となったメガヒット作だ。この好記録の理由は主に2つ。3D映画の物珍しさと主演のジョニー・デップの人気であった。

 10年は3D映画元年といわれた。前年12月から公開された「アバター」が興収156億円となり、ブームの火付け役になった。そのさなかに、「アリス」は公開された。

 それから6年。3D映画ブームは沈滞してしまった。その理由も主に2つ。3D映像から新鮮さと驚きが減ったこと。正規料金に300円ないし400円程度、上乗せされる入場料金が高額であること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る