• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アリス」続編は前作興収30%発進 3D時代は終わるのか?

 夏休みを視野に入れた今年の夏興行に早くも異変だ。第1弾で7月1日から公開されたばかりの米映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がいまひとつのスタートなのである。

 前作「アリス・イン・ワンダーランド」は2010年4月に公開され、なんと興収118億円を記録し、その年の興収第2位となったメガヒット作だ。この好記録の理由は主に2つ。3D映画の物珍しさと主演のジョニー・デップの人気であった。

 10年は3D映画元年といわれた。前年12月から公開された「アバター」が興収156億円となり、ブームの火付け役になった。そのさなかに、「アリス」は公開された。

 それから6年。3D映画ブームは沈滞してしまった。その理由も主に2つ。3D映像から新鮮さと驚きが減ったこと。正規料金に300円ないし400円程度、上乗せされる入場料金が高額であること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る