「アリス」続編は前作興収30%発進 3D時代は終わるのか?

公開日:  更新日:

 夏休みを視野に入れた今年の夏興行に早くも異変だ。第1弾で7月1日から公開されたばかりの米映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がいまひとつのスタートなのである。

 前作「アリス・イン・ワンダーランド」は2010年4月に公開され、なんと興収118億円を記録し、その年の興収第2位となったメガヒット作だ。この好記録の理由は主に2つ。3D映画の物珍しさと主演のジョニー・デップの人気であった。

 10年は3D映画元年といわれた。前年12月から公開された「アバター」が興収156億円となり、ブームの火付け役になった。そのさなかに、「アリス」は公開された。

 それから6年。3D映画ブームは沈滞してしまった。その理由も主に2つ。3D映像から新鮮さと驚きが減ったこと。正規料金に300円ないし400円程度、上乗せされる入場料金が高額であること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る