「アリス」続編は前作興収30%発進 3D時代は終わるのか?

公開日: 更新日:

 夏休みを視野に入れた今年の夏興行に早くも異変だ。第1弾で7月1日から公開されたばかりの米映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がいまひとつのスタートなのである。

 前作「アリス・イン・ワンダーランド」は2010年4月に公開され、なんと興収118億円を記録し、その年の興収第2位となったメガヒット作だ。この好記録の理由は主に2つ。3D映画の物珍しさと主演のジョニー・デップの人気であった。

 10年は3D映画元年といわれた。前年12月から公開された「アバター」が興収156億円となり、ブームの火付け役になった。そのさなかに、「アリス」は公開された。

 それから6年。3D映画ブームは沈滞してしまった。その理由も主に2つ。3D映像から新鮮さと驚きが減ったこと。正規料金に300円ないし400円程度、上乗せされる入場料金が高額であること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る