日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

 ♪君だけのためのhero~どんな日もそばにいるよ~と、リオ五輪のテーマ曲「Hero」を歌う安室奈美恵(38)の声がテレビをつければ響いてくる。そうした連日の露出と五輪効果か、最新のCMギャラランキングでは安室が長年トップの吉永小百合(71)に並び、推定1億円のギャラがついているという。

 発売中の「週刊ポスト」が特集したもので、大手広告代理店からの内部資料をもとに、スポンサーがタレントを起用する際の年間契約料として必要とされる金額を算出。安室については、女性からの抜群の支持率に加え、「NHKリオ五輪テーマソングを歌うことも追い風となり、相場はグングン上がっている」とする広告代理店関係者のコメントを紹介している。

 タレントの人気と格付けが如実に反映されるCMのギャラ。それは人気のバロメーターであり、最も時流に乗った“2016年の顔”なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事