羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

公開日:  更新日:

 ♪君だけのためのhero~どんな日もそばにいるよ~と、リオ五輪のテーマ曲「Hero」を歌う安室奈美恵(38)の声がテレビをつければ響いてくる。そうした連日の露出と五輪効果か、最新のCMギャラランキングでは安室が長年トップの吉永小百合(71)に並び、推定1億円のギャラがついているという。

 発売中の「週刊ポスト」が特集したもので、大手広告代理店からの内部資料をもとに、スポンサーがタレントを起用する際の年間契約料として必要とされる金額を算出。安室については、女性からの抜群の支持率に加え、「NHKリオ五輪テーマソングを歌うことも追い風となり、相場はグングン上がっている」とする広告代理店関係者のコメントを紹介している。

 タレントの人気と格付けが如実に反映されるCMのギャラ。それは人気のバロメーターであり、最も時流に乗った“2016年の顔”なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る