羽生クンはSMAP中居超え アスリート勢“CMギャラ高騰”の裏

公開日:  更新日:

 ♪君だけのためのhero~どんな日もそばにいるよ~と、リオ五輪のテーマ曲「Hero」を歌う安室奈美恵(38)の声がテレビをつければ響いてくる。そうした連日の露出と五輪効果か、最新のCMギャラランキングでは安室が長年トップの吉永小百合(71)に並び、推定1億円のギャラがついているという。

 発売中の「週刊ポスト」が特集したもので、大手広告代理店からの内部資料をもとに、スポンサーがタレントを起用する際の年間契約料として必要とされる金額を算出。安室については、女性からの抜群の支持率に加え、「NHKリオ五輪テーマソングを歌うことも追い風となり、相場はグングン上がっている」とする広告代理店関係者のコメントを紹介している。

 タレントの人気と格付けが如実に反映されるCMのギャラ。それは人気のバロメーターであり、最も時流に乗った“2016年の顔”なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る