<第3回>映像と文章は全く別物。好きにしてくれたらええ

公開日: 更新日:
小説「後妻業」の作者・黒川博行氏(C)日刊ゲンダイ

 映画「後妻業の女」(大竹しのぶ主演、27日公開)は、カネ持ちだが独身の老いた男と、後妻になって資産を巻き上げようとする女の関係を面白おかしく描いた喜劇だ。シリアスな原作とは真逆のテイストとなった映画について、小説「後妻業」(文芸春秋)の作者、黒川博行氏の“本音”を聞いた。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る