大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

興収60億円も確実視 「シン・ゴジラ」気になる次回作は?

公開日: 更新日:

「シン・ゴジラ」が、大変なことになっている。今年の夏興行で洋画アニメ「ファインディング・ドリー」とトップ争いを展開し、すでに興収45億円を超え、最終で60億円突破が確実な情勢だ。

 まず、評判が圧倒的である。驚くべき登場の仕方をするCGゴジラのビジュアル(変身以降)と動きが素晴らしい。荘厳ささえ感じる。多くの方が納得する出来栄えであった。

 物語に迫力がある。ゴジラの日本上陸に対する政権中枢部の右往左往ぶりが、まるで災害や軍事的な緊急事態を想起させるかのように描かれる。これが実にリアルで、大人の観客が存分に楽しめる。

 加えて、評判の高さは観客側にある傾向をもたらした。ビジュアルと物語の双方が緊密に絡み合う映画のダイナミックな興奮を求めて、より高品質な映像体験ができる映画館に足を向かわせたのである。そのひとつが、大型画面、大音響をもつIMAXシアターだ。料金は通常より高い。だが、このシェアが伸びたことで、興収が一段と引き上げられた。単価(1人当たりの平均入場料金)は約1500円。これは1200円台の通常作品より300円近く高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る