• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

興収60億円も確実視 「シン・ゴジラ」気になる次回作は?

「シン・ゴジラ」が、大変なことになっている。今年の夏興行で洋画アニメ「ファインディング・ドリー」とトップ争いを展開し、すでに興収45億円を超え、最終で60億円突破が確実な情勢だ。

 まず、評判が圧倒的である。驚くべき登場の仕方をするCGゴジラのビジュアル(変身以降)と動きが素晴らしい。荘厳ささえ感じる。多くの方が納得する出来栄えであった。

 物語に迫力がある。ゴジラの日本上陸に対する政権中枢部の右往左往ぶりが、まるで災害や軍事的な緊急事態を想起させるかのように描かれる。これが実にリアルで、大人の観客が存分に楽しめる。

 加えて、評判の高さは観客側にある傾向をもたらした。ビジュアルと物語の双方が緊密に絡み合う映画のダイナミックな興奮を求めて、より高品質な映像体験ができる映画館に足を向かわせたのである。そのひとつが、大型画面、大音響をもつIMAXシアターだ。料金は通常より高い。だが、このシェアが伸びたことで、興収が一段と引き上げられた。単価(1人当たりの平均入場料金)は約1500円。これは1200円台の通常作品より300円近く高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る