• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

興収60億円も確実視 「シン・ゴジラ」気になる次回作は?

「シン・ゴジラ」が、大変なことになっている。今年の夏興行で洋画アニメ「ファインディング・ドリー」とトップ争いを展開し、すでに興収45億円を超え、最終で60億円突破が確実な情勢だ。

 まず、評判が圧倒的である。驚くべき登場の仕方をするCGゴジラのビジュアル(変身以降)と動きが素晴らしい。荘厳ささえ感じる。多くの方が納得する出来栄えであった。

 物語に迫力がある。ゴジラの日本上陸に対する政権中枢部の右往左往ぶりが、まるで災害や軍事的な緊急事態を想起させるかのように描かれる。これが実にリアルで、大人の観客が存分に楽しめる。

 加えて、評判の高さは観客側にある傾向をもたらした。ビジュアルと物語の双方が緊密に絡み合う映画のダイナミックな興奮を求めて、より高品質な映像体験ができる映画館に足を向かわせたのである。そのひとつが、大型画面、大音響をもつIMAXシアターだ。料金は通常より高い。だが、このシェアが伸びたことで、興収が一段と引き上げられた。単価(1人当たりの平均入場料金)は約1500円。これは1200円台の通常作品より300円近く高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る