上海で「64」大当たりも 邦画に中国全土“外国映画枠”の壁

公開日: 更新日:

 先に終了した上海国際映画祭で、日本映画が大評判になっている。「団地」で主演の藤山直美がコンペティションで最優秀女優賞を受賞して話題になり、多くの日本映画に中国人が殺到したのである。

 今年の日本映画の上映は50作品を超えた。中国の映画関係者によると1番人気だったのは、興収順でいうと、「64―ロクヨン―特別版」(前後編一挙上映)。次に「世界から猫が消えたなら」「母と暮せば」が続いたという。

「64」はとくに映画祭全上映作品のなかで最高の興収だったというから驚く。日本では前編、後編と分けて公開されたが、上海では連続上映されたのがよかったのかもしれない。

「世界から猫が消えたなら」と「母と暮せば」が上位を占めたのは俳優の人気が大きいだろう。それぞれ、佐藤健(27)、二宮和也(33)が主演しており、2人は中国でも非常にファンが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る