上海で「64」大当たりも 邦画に中国全土“外国映画枠”の壁

公開日: 更新日:

 先に終了した上海国際映画祭で、日本映画が大評判になっている。「団地」で主演の藤山直美がコンペティションで最優秀女優賞を受賞して話題になり、多くの日本映画に中国人が殺到したのである。

 今年の日本映画の上映は50作品を超えた。中国の映画関係者によると1番人気だったのは、興収順でいうと、「64―ロクヨン―特別版」(前後編一挙上映)。次に「世界から猫が消えたなら」「母と暮せば」が続いたという。

「64」はとくに映画祭全上映作品のなかで最高の興収だったというから驚く。日本では前編、後編と分けて公開されたが、上海では連続上映されたのがよかったのかもしれない。

「世界から猫が消えたなら」と「母と暮せば」が上位を占めたのは俳優の人気が大きいだろう。それぞれ、佐藤健(27)、二宮和也(33)が主演しており、2人は中国でも非常にファンが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る