五輪旗振り役はTOKIOに 解散SMAPからの“世代交代”加速

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所所属のTOKIOが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのフラッグが都内や全国を巡回する「フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーに決定。21日、東京都庁都民広場で行われたキックオフイベントに出席した。

 TOKIOが任命されたのは東京都や日本オリンピック委員会が主催するイベント。ジャニーズ事務所はかなり力を入れてこの仕事をゲットしたという。

「ジャニーズのジャニー喜多川社長は、これまで各メディアなどで再三にわたり、東京五輪に対して全面的に協力することをアピールしている。TOKIOは、東京という意味も込められたグループだし五輪にうってつけというワケです。それにリーダーの城島茂松岡昌宏築地市場の豊洲移転の『応援大使』に就任したにもかかわらず、移転が白紙状態になって大使の仕事が中ぶらりんに。東京都にはそんな“負い目”もあり、ジャニーズ側のプッシュを受け入れる形でTOKIOが旗振り役を務めることになったそうです」(イベント関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る