五輪旗振り役はTOKIOに 解散SMAPからの“世代交代”加速

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所所属のTOKIOが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのフラッグが都内や全国を巡回する「フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーに決定。21日、東京都庁都民広場で行われたキックオフイベントに出席した。

 TOKIOが任命されたのは東京都や日本オリンピック委員会が主催するイベント。ジャニーズ事務所はかなり力を入れてこの仕事をゲットしたという。

「ジャニーズのジャニー喜多川社長は、これまで各メディアなどで再三にわたり、東京五輪に対して全面的に協力することをアピールしている。TOKIOは、東京という意味も込められたグループだし五輪にうってつけというワケです。それにリーダーの城島茂と松岡昌宏は築地市場の豊洲移転の『応援大使』に就任したにもかかわらず、移転が白紙状態になって大使の仕事が中ぶらりんに。東京都にはそんな“負い目”もあり、ジャニーズ側のプッシュを受け入れる形でTOKIOが旗振り役を務めることになったそうです」(イベント関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る