日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“キャノン砲”が女性直撃 福山雅治ライブ事故はなぜ起きた

「福山雅治ライブでスタッフ眼球破裂の重傷」という衝撃的な一報に、ファンならずとも背筋が寒くなったのではないか。東京ドームで25日夜に行われた福山雅治(47)のコンサート中に起こった事故のことだ。

 警視庁富坂署によると、事故があったのはコンサート終盤の午後9時10分ごろ。ステージ脇に設置された「キャノン砲」と呼ばれる発射装置から放たれたカラーテープが、42歳の女性スタッフの右目を直撃し眼球破裂の大ケガに見舞われた。テープはロール状で直径3センチ×幅2センチの大きさ。きらびやかなテープが空を舞うバラエティー番組でもお馴染みのド派手な演出だが、東京ドームという大きな箱だけにテレビのそれとは比べ物にならない14気圧という最大級にパワフルな仕様のものが使われていたという。

「ケガをした女性スタッフは、舞台演出を担当していた会社の人間。事故直後に病院に搬送されましたが、公演終了間際で異変に気づく観客はいなかったようです」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事