“キャノン砲”が女性直撃 福山雅治ライブ事故はなぜ起きた

公開日:  更新日:

「福山雅治ライブでスタッフ眼球破裂の重傷」という衝撃的な一報に、ファンならずとも背筋が寒くなったのではないか。東京ドームで25日夜に行われた福山雅治(47)のコンサート中に起こった事故のことだ。

 警視庁富坂署によると、事故があったのはコンサート終盤の午後9時10分ごろ。ステージ脇に設置された「キャノン砲」と呼ばれる発射装置から放たれたカラーテープが、42歳の女性スタッフの右目を直撃し眼球破裂の大ケガに見舞われた。テープはロール状で直径3センチ×幅2センチの大きさ。きらびやかなテープが空を舞うバラエティー番組でもお馴染みのド派手な演出だが、東京ドームという大きな箱だけにテレビのそれとは比べ物にならない14気圧という最大級にパワフルな仕様のものが使われていたという。

「ケガをした女性スタッフは、舞台演出を担当していた会社の人間。事故直後に病院に搬送されましたが、公演終了間際で異変に気づく観客はいなかったようです」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る