日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最新主演作の監督も骨抜きに 蒼井優“ゴシップ耐性”の秘密

 26日、「第29回東京国際映画祭」のラインアップ発表会見が開かれ、「アズミ・ハルコは行方不明」(12月公開)で主演を務めた蒼井優(31)と松居大悟監督(30)らが登壇。映画の単独主演が8年ぶりとなる蒼井は、「主演なのに行方不明? これは意外と楽かもしれない、そんな甘い気持ちで始まりましたが、出番は結構ありました」と笑った。

 そんな蒼井は恋多き女優として知られ、芸能界でもトップクラスの共演者キラー。過去には「V6」岡田准一(35)、大森南朋(44)、堤真一(52)などと浮名を流してきた。双方が交際宣言をした鈴木浩介(41)とは結婚秒読みといわれながら「好きな人ができた」と蒼井から別れを告げたという。その「好きな人」とは三浦春馬(26)。しかしこちらも破局。それ以降、蒼井の“肉食三昧”は鳴りを潜めるも、この日、隣にいた松居監督を見つめながら「松居監督がドキドキしながら選ばれるかどうか待っていたのを、近くで見ていた。監督は落ち込む時、とことん落ち込むので、監督の思いが通じてホッとしています」とニッコリ。青年監督をしっかり骨抜きにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事