スキャンダルも平然 愛之助が語った紀香との“ピュアな愛”

公開日: 更新日:

 6日、オリジナル時代劇「鬼平外伝最終章 四度目の女房」完成披露試写会に出席した片岡愛之助(44)。発売中の「週刊文春」で、先月28日に行われた藤原紀香(45)との披露宴に以前交際していた女性を招待したと報じられたばかり。

「記事については何か?」と聞かれると、立ち止まって首をかしげながら両手を上げるしぐさで苦笑い。「紀香さんは怒っていないですか?」という問いにも、首と手を横に振って否定するしぐさを見せていた。

 MCの中井美穂から「結婚したことで今回の演技にプラスになったことは?」と聞かれると、「生かされたのは“愛”でしょうね。相手を思いやる気持ちですかね」。続けて「正しい愛もあれば、歪んだ愛もある。(演じた)伊之松という人は、それまで仕事で信頼を得るために所帯を持っていた。奥さんのことを『のみ』とか『かなづち』とか、いわゆる道具のように思っていたのかもしれない。それで結婚、別れを繰り返していたけど、この四度目の女房だけは違った。そのピュアで透明感のある愛に心を動かされたんだと思います」と立て板に水で、スキャンダルなどなかったかのような平然とした表情。まるで、紀香は自分の「四度目の女房」とでも言いたげだった。

 これまで浮名を流してきたタカラジェンヌや熊切あさ美は、愛之助にとっては着物やドーランだったということかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る