• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スキャンダルも平然 愛之助が語った紀香との“ピュアな愛”

 6日、オリジナル時代劇「鬼平外伝最終章 四度目の女房」完成披露試写会に出席した片岡愛之助(44)。発売中の「週刊文春」で、先月28日に行われた藤原紀香(45)との披露宴に以前交際していた女性を招待したと報じられたばかり。

「記事については何か?」と聞かれると、立ち止まって首をかしげながら両手を上げるしぐさで苦笑い。「紀香さんは怒っていないですか?」という問いにも、首と手を横に振って否定するしぐさを見せていた。

 MCの中井美穂から「結婚したことで今回の演技にプラスになったことは?」と聞かれると、「生かされたのは“愛”でしょうね。相手を思いやる気持ちですかね」。続けて「正しい愛もあれば、歪んだ愛もある。(演じた)伊之松という人は、それまで仕事で信頼を得るために所帯を持っていた。奥さんのことを『のみ』とか『かなづち』とか、いわゆる道具のように思っていたのかもしれない。それで結婚、別れを繰り返していたけど、この四度目の女房だけは違った。そのピュアで透明感のある愛に心を動かされたんだと思います」と立て板に水で、スキャンダルなどなかったかのような平然とした表情。まるで、紀香は自分の「四度目の女房」とでも言いたげだった。

 これまで浮名を流してきたタカラジェンヌや熊切あさ美は、愛之助にとっては着物やドーランだったということかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る