ドン欠席で広がる憶測 紀香&愛之助の船出に“逆風”やまず

公開日:  更新日:

 会場の祝福の声とは裏腹に、長い航海にも例えられる夫婦生活のはじまりは嵐の船出となった。

 28日、東京・日比谷の帝国ホテルで開かれた片岡愛之助(44)と藤原紀香(45)の結婚披露宴。式の内容について愛之助は8月の会見では「シンプルにコンパクト」と話していたが、招待客は坂田藤十郎、片岡仁左衛門、尾上菊五郎など歌舞伎関係者をはじめ、麻生太郎財務大臣や贔屓筋など約600人。

 ウエディングケーキは「6代目」にちなんで6段で、引き出物には「和光」のバウムクーヘン、この日の日付が入った「フランク・ミュラー」の皿、2人がハマっているという「水素発生器」の特注品(10万円相当)など5品が包まれた。

 司会はフリーアナウンサーの徳光和夫(75)が務め、「新郎は初めての結婚、新婦は初めての再婚」というジョークで会場は大いに盛り上がったそうだが、紀香のお色直しは一度だけで、ウエディングドレスの披露はなし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る