二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

究極の課題 「キムタク演じる木村拓哉」から脱却できるか

公開日:  更新日:

 SMAP・木村拓哉(43)の人気が下降していると喧伝されている。解散騒動が勃発したおり、1人だけ“ジャニーズ事務所”に残り、「裏切り者」と呼ばれ、中居正広ら4人と対立したことに起因しているといわれる。解散決定後の9月には、夫のバッシングに耐え兼ねたように、ついに妻の工藤静香(46)が写真誌の取材に初めて答え、「なぜ裏切り者呼ばわりされなきゃいけないの」と夫をかばった。

「よかれと思ってしたことが逆効果だった」ケースはよくあることだが、工藤の発言を機に木村へのバッシングは増幅した感もある。

 かつて木村はアイドルの中でも「別格」といわれる存在だった。

「イケメンブームの今でもビジュアル的に木村はナンバーワンと言っても過言ではない。好き嫌いは別にして、同性が見ても奇麗な顔。昔、“雷様”と“様”付けで呼ばれた市川雷蔵というスターがいたが、顔の奇麗さでは双璧。木村は業界内でも“最高傑作”のアイドルと言われています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る