• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジの記者も嵌められたのか 断れない“暴力団接待”の実態

「高級接待を繰り返し受け、断れなかった」

 フジテレビの元社会部記者K(31)が知人の暴力団関係者に高級車購入の名義を貸していた利益供与疑惑。K記者は山口組系の暴力団関係者とされる男から約1年にわたり、都内の高級飲食店などで少なくとも20回の接待を受けていたという。

「Kは2年前、警視庁番記者として暴力団関係を担当していました。その頃、男と知り合ったといいます。1軒目はKが支払い、2軒目で都内の高級店でおごってもらうということが常態化していたそうです。山口組系の組員の家宅捜索をしている中で、K名義で“アウディ”を買っていたことが分かった。しかも、Kは普段、車を運転しなかったといいます」(捜査事情通)

 K記者とはどんな人物なのか。周囲の評判はすこぶるいい。

「昨年まで警視庁担当で、その後、東京地検、横浜支局長と順調に出世しています。14年のASKAや今年の清原逮捕など主にグレーゾーンな取材をしていました。中身はスマートで、さわやかな人ですよ。結婚していると聞いています」(警視庁番記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る