フジの記者も嵌められたのか 断れない“暴力団接待”の実態

公開日: 更新日:

「高級接待を繰り返し受け、断れなかった」

 フジテレビの元社会部記者K(31)が知人の暴力団関係者に高級車購入の名義を貸していた利益供与疑惑。K記者は山口組系の暴力団関係者とされる男から約1年にわたり、都内の高級飲食店などで少なくとも20回の接待を受けていたという。

「Kは2年前、警視庁番記者として暴力団関係を担当していました。その頃、男と知り合ったといいます。1軒目はKが支払い、2軒目で都内の高級店でおごってもらうということが常態化していたそうです。山口組系の組員の家宅捜索をしている中で、K名義で“アウディ”を買っていたことが分かった。しかも、Kは普段、車を運転しなかったといいます」(捜査事情通)

 K記者とはどんな人物なのか。周囲の評判はすこぶるいい。

「昨年まで警視庁担当で、その後、東京地検、横浜支局長と順調に出世しています。14年のASKAや今年の清原逮捕など主にグレーゾーンな取材をしていました。中身はスマートで、さわやかな人ですよ。結婚していると聞いています」(警視庁番記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る