新ドラマ初回健闘も…元SMAP草なぎ剛“ピン”への正念場

公開日: 更新日:

 果たして草なぎ剛(42)はピンでも通用するのか――。SMAP解散後初の連ドラ主演作「嘘の戦争」(フジテレビ系、火曜21時)は、役者・草なぎの価値と今後を占う一本である。

 注目の初回(10日)視聴率は、11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とご祝儀視聴が弾まなかった。しかし、落ち目のフジのドラマだけに「大健闘」(フジ関係者)と胸をなで下ろす声も聞こえてきた(制作しているのは系列の関西テレビ)。

 15年1月期に放送された「銭の戦争」の第2弾。ストーリーは異なるが、同じ制作陣が同じく草なぎを主演に据え、幼い頃に両親と弟を殺された主人公が復讐に燃える姿を描く痛快エンターテインメントだ。韓国ドラマの焼き直しだった前作とは異なり、原作なしのオリジナル。脚本の質が危ぶまれたが、「初回を見る限り、2時間の長い尺でも最後まで面白く見られる内容でした。前作ファンの期待を裏切らず、韓流ドラマの真骨頂である身分格差や、恨み嫉みによる負のパワーが丁寧に描かれていました」(コラムニストの桧山珠美氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る