日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「音楽劇メカニズム作戦」時代に抗う若者たちのエネルギー

日本劇団協議会主催、新進演劇人育成公演「音楽劇 メカニズム作戦」/(C)横田敦史

 タイトルは何やらB級特撮ドラマみたいだが、ドタバタコメディーの体裁を取った社会派音楽劇だ。舞台は、ある通信会社の組合分会。役員のなり手がなく、アミダクジで選ばれたのが、通称ダークホース(木場允視)、ロカビリー(白井圭太)、あの野郎(五島三四郎)、ポニー(関谷春子)の4人。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事