日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事務所と教団真っ向対立 清水富美加“出家騒動”泥沼化の裏

 芸能界から電撃引退した女優の清水富美加(22)の騒動は、泥沼の“空中戦”に突入した。発売中の週刊文春や週刊新潮、女性セブン各誌は、突拍子もない引退劇のように報じる一方、清水の父親の借金、会社倒産や母親の再婚についても触れている。報道を見る限り、清水サイドにやや“ネガティブ”な報道が目立っているが、本当のところはどうなのか。

「清水の年収について、幸福の科学は『月給5万円だった』と主張しているのに対し、一部スポーツ紙は『直近の年収1000万円』と報じました。清水の父親の借金問題も、その額について『5000万円』と報じるメディアがある一方、幸福の科学は完全否定している。両者の言い分は真っ向から対立。互いに弁護士を立てていて、一歩も引かない構えです」(ワイドショーデスク)

■幸福の科学は事務所社長の「守護霊インタビュー」公開

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事