清水富美加のDVD注文不可に 過去の水着ドラマもお宝化?

公開日: 更新日:

「水着強要」疑惑を受け、清水富美加(22)の“ビキニDVD”がバカ売れしている。大手通販サイト「amazon」のアイドルDVD売り上げランキングでは、会見から丸2日経っても「ミスマガジン2010 清水富美加」(1位)、「清水富美加 Popping Time」(2位)と上位を独占(14日夕方時点)。計3本あるお宝DVDのうち、残りの1本に至っては再入荷の見込みがなく、注文不可というフィーバーぶりである。

 これ、教団側が「嫌だと事前に拒否していたにもかかわらず無理やりやらされた」という説明を受けてのこと。清水本人の苦しみを明らかにすると同時に、「この目で拝みたい」という購買欲もさそったようだ。

 そもそもデビューは、事務所主催の新人発掘オーディションだったが、「ミスマガジン2010」に選ばれたのが何よりデカい。この年のファイナリストは粒揃いで、「特に新川優愛と清水はズバぬけていた。最終的に新川がグランプリに選ばれましたが、僕は富美加派でした。美少女のビジュアルもさることながら、当時から大きな口を開けてケタケタと笑う表情が可愛らしかったです」(アイドル評論家の北川昌弘氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る