• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレビにも出演 小沢健二19年ぶり新曲で“復帰”のワケ

 90年代にカリスマ的人気を誇ったシンガー・ソングライターの小沢健二(48)が22日に、19年ぶりの新曲「流動体について」を発売。21日付の朝日新聞で突然発表するという“サプライズ”だった。今後立て続けにテレビ番組に出演する予定で、ファンの間で話題騒然となっている。

「オザケン」の愛称で、日本のポップカルチャーに大きな影響を与えた小沢だが、98年に「春にして君を想う」を発売して以降、新曲は発売せず。ツアーや公演は不定期に行っていたが、メディアへの露出は極端に少なかった。14年にはフジテレビ「笑っていいとも!」に出演したが、これも16年ぶりのテレビ出演。

 プライベートも謎に包まれていて、その動向が伝えられることはほとんどなかった。それだけに、突然の表舞台“復帰”は、衝撃をもって受け止められている。

「店に行ったら、突然、新曲が店頭に並んでいる――というやり方は、ビヨンセら世界的なアーティストがやっている最新手法。“サプライズセールス”です。小沢は90年代後半にニューヨークに移り住んで以降、世界中を旅したり、“反資本主義”を掲げ政治的な活動をするようになった。音楽的には“隠遁”生活を送っていました。09年に米国人の写真家と結婚し、13年には長男が生まれている。ただ、最近はあまりにも本格的な音楽活動から離れていたため、経済的に苦しくなったのでは――との臆測も呼んでいます」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る