テレビにも出演 小沢健二19年ぶり新曲で“復帰”のワケ

公開日:  更新日:

 90年代にカリスマ的人気を誇ったシンガー・ソングライターの小沢健二(48)が22日に、19年ぶりの新曲「流動体について」を発売。21日付の朝日新聞で突然発表するという“サプライズ”だった。今後立て続けにテレビ番組に出演する予定で、ファンの間で話題騒然となっている。

「オザケン」の愛称で、日本のポップカルチャーに大きな影響を与えた小沢だが、98年に「春にして君を想う」を発売して以降、新曲は発売せず。ツアーや公演は不定期に行っていたが、メディアへの露出は極端に少なかった。14年にはフジテレビ「笑っていいとも!」に出演したが、これも16年ぶりのテレビ出演。

 プライベートも謎に包まれていて、その動向が伝えられることはほとんどなかった。それだけに、突然の表舞台“復帰”は、衝撃をもって受け止められている。

「店に行ったら、突然、新曲が店頭に並んでいる――というやり方は、ビヨンセら世界的なアーティストがやっている最新手法。“サプライズセールス”です。小沢は90年代後半にニューヨークに移り住んで以降、世界中を旅したり、“反資本主義”を掲げ政治的な活動をするようになった。音楽的には“隠遁”生活を送っていました。09年に米国人の写真家と結婚し、13年には長男が生まれている。ただ、最近はあまりにも本格的な音楽活動から離れていたため、経済的に苦しくなったのでは――との臆測も呼んでいます」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る