ドロ沼恋愛ドラマ「奪い愛、冬」 担当Pが語る制作の裏側

公開日:  更新日:

 星野源、指原莉乃、小島瑠璃子らが夢中になって見ていると話題のドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系金曜23時15分~)。「逃げ恥」の“ムズキュン”に続く、“ドロキュン(ドロドロの恋愛ドラマ)”と呼ばれ、SNSなどで異常な盛り上がりを見せている。そんな話題のドラマの裏側を同局の川島誠史プロデューサーに直撃した。

■鈴木おさむ氏の“振り切ったキャラ造形”

 物語は、光(倉科カナ)が康太(三浦翔平)と婚約中に、元カレの信(大谷亮平)と再会し、恋が再燃。ところが信には“足の後遺症”をタテに夫を束縛する妻の蘭(水野美紀)が。まさに「スチュワーデス物語」の片平なぎさと同じポジションだ。蘭は自宅に2人をおびき寄せ、不貞の現場に「ここにいるよ!」とクロゼットから登場するという、背筋の凍る恐ろしさ。これを真似て動画をアップするのが女子の間で大流行している。脚本はドロドロ恋愛ドラマ初挑戦の放送作家・鈴木おさむ氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る