日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

臨場感の名人 松木安太郎“感情全開”サッカー解説の魅力

ストレート師匠こと松木安太郎(C)日刊ゲンダイ

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。小中高校(大学も行こうとしたら向こうから断ってきました)と部活で野球とバレーボールをやってました。そんな自分がサッカーに興味を持ったのは、キングカズこと三浦知良選手(華麗でビックリ。いまだ現役にビックリ、のけぞり120度!)と、「ストレート師…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事