三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

番組に安定感もたらす 小島瑠璃子の“全方位的”現場対応力

公開日:

 昔からバラエティーをこなせるアイドルというのは、テレビ業界においては大切な存在でした。2017年現在の筆頭といえるのが“こじるり”こと小島瑠璃子さん(23)ではないでしょうか?

 さまざまな番組で、彼女はアイドル出身であることを忘れさせるかのような安定感、安心感を番組にもたらしてくれます。新番組が始まる際に必ず投入されるタレントさんがいますが、どの番組においても「いい」感じの人は貴重なのです。番組をスタートしようという企画会議で、メーンMCを決めた後に、「ほかに誰を出演させる?」という会話で、最近特に名前が挙がるのが小島さんだと聞きます。

 そういうポジションの方は、1つの番組がもし終わっても、生き残り続ける確率が高い。タレントは誰しも自分の名前を冠した看板番組を持ちたいと願いますが、そこにはリスクがあります。うまくMCとしての評価を得られればいいのですが、視聴率を取れないと、「あの人は数字を持っていない」ということになりかねません。その意味で、彼女のポジションは絶妙だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る