三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

自分を冷静に客観視 指原莉乃が秘める“偉大なるMC”の条件

公開日:

 先ごろSTU48の劇場支配人兼メンバーになるという“人事”が発表された指原莉乃さん(24)。AKB48グループ有力メンバーの卒業が相次ぐなか、八面六臂の活躍を続けています。MC目線で彼女を見た時に感じるのは「瞬発力」があることです。僕自身はMCとして仕事をご一緒したことはありませんが、客観的に見て、“器の大きさ”を感じます。

 AKB48がブレークする前から番組を手がけていた毛利プロデューサーから聞いたエピソードを一つ披露したいと思います。

 劇場イベントの打ち上げの席で、指原さんが彼に「私は“ヲタ芸”が得意なので、なんかあったらぜひ使ってくださいね」と話しかけてきた。「スタッフに直談判するなんて、面白い子だなあ」と印象に残っていたそうです。その後、すぐに生かせる機会が生まれました。企画会議でメンバーの得意技を披露する企画があったので、指原さんのことを思い出して、ヲタ芸をやってもらった。ヲタ芸とは、アイドルを応援するオタクたちの独特の踊り。つまり、自分たちのファンの真似をするという意味で「自分を客観視」できる人でもあるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る