日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

温かな家庭を希求し引退 堀北真希に芸能界復帰の可能性は

 堀北真希(28)が今年2月いっぱいで芸能界引退を表明したことを世間は衝撃をもって受け止めた。

 2015年に結婚した夫で俳優の山本耕史との間に第1子を出産したと発表したのが昨年12月。母となり、子育てをするなかでの決断で、「このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います。愛情いっぱいの家庭を築いていきたい」などと胸中を明かしている。

 2012年のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で全国区の女優となり、同年の紅白歌合戦では紅組司会を務めた。引退に際して、芸能人の最も大きな収入源である大手企業のCM出演も継続契約を断っていたというから、生半可にはできない決断だ。

 芸能界か、家庭か。自分にとって本当に大切なのはどちらかと考えたのは間違いないだろう。芸能界にいれば華やかなスポットライトが当たる人生を歩むことはできる。しかし、それで最後に何が残るのか。愛する子どもを抱いた時、内面から湧き上がる女の勘で家庭を選んだのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事