温かな家庭を希求し引退 堀北真希に芸能界復帰の可能性は

公開日:

 堀北真希(28)が今年2月いっぱいで芸能界引退を表明したことを世間は衝撃をもって受け止めた。

 2015年に結婚した夫で俳優の山本耕史との間に第1子を出産したと発表したのが昨年12月。母となり、子育てをするなかでの決断で、「このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います。愛情いっぱいの家庭を築いていきたい」などと胸中を明かしている。

 2012年のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で全国区の女優となり、同年の紅白歌合戦では紅組司会を務めた。引退に際して、芸能人の最も大きな収入源である大手企業のCM出演も継続契約を断っていたというから、生半可にはできない決断だ。

 芸能界か、家庭か。自分にとって本当に大切なのはどちらかと考えたのは間違いないだろう。芸能界にいれば華やかなスポットライトが当たる人生を歩むことはできる。しかし、それで最後に何が残るのか。愛する子どもを抱いた時、内面から湧き上がる女の勘で家庭を選んだのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る