ものまね落語、五木ロボ…歩みを止めないコロッケの今

公開日: 更新日:

 ものまねタレントのコロッケ(57)が新たなジャンル「ものまね楽語」を確立、4月に東京の三越劇場と名古屋・大須演芸場で“楽”語会を開催する。

「ものまね楽語」とは、落語の登場人物に、コロッケ得意の志村けんや淡谷のり子、五木ひろしなどが登場し、面白おかしく演じるもの。今回の楽語会には、後輩ものまね芸人のコージー冨田(50)、ホリ(40)なども参戦し、ものまね芸人の芸の極みを余すところなく見せつける。

「ものまね楽語は、7、8年前に東西の噺家さんが集結する『大銀座落語会』という催しに春風亭小朝さんからお誘いをいただいたのがきっかけです。そのタレント枠で出るにあたり、『登場人物をものまねで表現したら?』と思って作ったのが始まりです。おとっつぁんが田中邦衛で、おっかさんが市原悦子だったら……と。ものまねだとありえない配役が全部勝手にできるからどんどんプランが湧いて。そうやっているうちに今回の楽語会に至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る