総工費5億円 コロッケの“モノマネレストラン”成功するか

公開日: 更新日:

 総工費5億円を投じるなんて、それこそ誰もがマネできる商売ではない。27日港区麻布十番に開店するモノマネライブレストラン「CROKET MIMIC TOKYO(コロッケ・ミミックトーキョー)」。タレント・コロッケ(55)製作総監督による厳選したモノマネタレントのショーをはじめ、ポールダンスやイリュージョンなどが楽しめる“幕の内弁当”のようなエンターテインメントと本格派の料理が売り。25日の記者会見では意気込みをこう語った。

「デビューした36年前から思い描いていた夢がやっと実現しました。ミミックのステージに立つことがステータスとなるように頑張り、『第2のコロッケ』を輩出したい。ここは(モノマネの)養成所のひとつにしたいと考えています」

 モノマネタレントは総勢40人、そのうち10組ほどが日替わりで出演する。米国で活躍するダンスパフォーマーEBIKENのゲスト出演も目玉のひとつだ。“裏方”のコロッケも「フラッと遊びに来たら出るかも。ここでしか見られない“五木ロボット”の披露も考えてます」とやる気満々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る