復活まで23年 コロッケが語った「ものまね四天王」分裂の真相

公開日: 更新日:

「ものまね四天王」が23年ぶりに復活するという。9日のスポーツ各紙によると、グッチ裕三(63)とモト冬樹(63)のビジーフォー、清水アキラ(60)、栗田貫一(57)、コロッケ(54)のいわゆる「ものまね四天王」が今月29日、東京・渋谷公会堂で大震災チャリティーコンサートを行うのだとか。

 それはそれで結構なことだが、気になるのは23年前の分裂の理由。各紙とも「方向性の違い」としか書いてないから、ますます知りたくなってくる。ホントは何があったのか。実は3年前、本紙に「勝手にマネしてすみません」を長期連載していたコロッケは自らの口で当時の様子をこう語っていた。

「『ものまね王座決定戦』を降板することになったときのことをお話しします(中略)。自分のパフォーマンスができないという、いら立ちもあった。当時ぼくら出演者ひとりに与えられていた時間はわずか1分半。ぼくの、ダンスとか取り入れたネタは、4、5分かかり、どうやっても収まらない。それでも、ぼくは自由にやっていたんです。すると、番組スタッフの方から、凄い怒鳴られまくって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る