• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活まで23年 コロッケが語った「ものまね四天王」分裂の真相

「ものまね四天王」が23年ぶりに復活するという。9日のスポーツ各紙によると、グッチ裕三(63)とモト冬樹(63)のビジーフォー、清水アキラ(60)、栗田貫一(57)、コロッケ(54)のいわゆる「ものまね四天王」が今月29日、東京・渋谷公会堂で大震災チャリティーコンサートを行うのだとか。

 それはそれで結構なことだが、気になるのは23年前の分裂の理由。各紙とも「方向性の違い」としか書いてないから、ますます知りたくなってくる。ホントは何があったのか。実は3年前、本紙に「勝手にマネしてすみません」を長期連載していたコロッケは自らの口で当時の様子をこう語っていた。

「『ものまね王座決定戦』を降板することになったときのことをお話しします(中略)。自分のパフォーマンスができないという、いら立ちもあった。当時ぼくら出演者ひとりに与えられていた時間はわずか1分半。ぼくの、ダンスとか取り入れたネタは、4、5分かかり、どうやっても収まらない。それでも、ぼくは自由にやっていたんです。すると、番組スタッフの方から、凄い怒鳴られまくって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る