日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活まで23年 コロッケが語った「ものまね四天王」分裂の真相

「ものまね四天王」が23年ぶりに復活するという。9日のスポーツ各紙によると、グッチ裕三(63)とモト冬樹(63)のビジーフォー、清水アキラ(60)、栗田貫一(57)、コロッケ(54)のいわゆる「ものまね四天王」が今月29日、東京・渋谷公会堂で大震災チャリティーコンサートを行うのだとか。

 それはそれで結構なことだが、気になるのは23年前の分裂の理由。各紙とも「方向性の違い」としか書いてないから、ますます知りたくなってくる。ホントは何があったのか。実は3年前、本紙に「勝手にマネしてすみません」を長期連載していたコロッケは自らの口で当時の様子をこう語っていた。

「『ものまね王座決定戦』を降板することになったときのことをお話しします(中略)。自分のパフォーマンスができないという、いら立ちもあった。当時ぼくら出演者ひとりに与えられていた時間はわずか1分半。ぼくの、ダンスとか取り入れたネタは、4、5分かかり、どうやっても収まらない。それでも、ぼくは自由にやっていたんです。すると、番組スタッフの方から、凄い怒鳴られまくって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事