右耳聴覚失っていたコロッケ 「ハンディと思っていない」

公開日:

 東京・麻布十番の会場は、熱気と笑いに包まれていた。タレントのコロッケ(56)が26日、自身がプロデュースするモノマネエンターテインメントライブレストラン「CROKET MIMIC TOKYO」で開店1周年を記念した公開オーディションを開催。8組の出場者らがパフォーマンスを披露するたびに、「モノマネの基本は『ご本人がやりそうでやらないことをやる』こと」などと激励。採点だけでなく、温かい目で稽古もつけていた。

 15日放送のバラエティー番組で、14歳の時に真珠種性中耳炎を患って以来、右耳の聴覚を失っていたことを明かしたコロッケ。イベント終了後、改めて本人に聞いてみると、「そうなんですよ。でもね、悲観することはな~んにもないの!」と、こう続けた。

「障害=ハンディとは思っていないんです。どんな状況にせよ、自分がどう受け止めるか。僕の場合は何でも楽しむのが信条だから、聞こえないことも前向きにとらえた。その結果、今のコロッケがあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る