渡部と近日入籍報道の佐々木希 結婚までの“長かった春”

公開日:

 ようやく“長き春”にピリオドだ。公開中の米映画「キングコング‥髑髏島の巨神」の日本語吹き替え版ではヒロインの声優を務めているのが女優の佐々木希(29)。けさ(8日)のサンケイスポーツが近日中の入籍情報を伝えている。

 ここまでの道のりは長かった。交際が明らかになってかなりの日数が経つが、アンジャッシュの渡部建(44)は「ネット見ろ!」と交際を否定も肯定もせず、けむに巻いてきた。しかし、「渡部は平日はブログに載せる食べ歩きで忙しいのに加え、4月から土曜日は生放送の情報番組『王様のブランチ』(TBS系)のMCに抜擢された。すでに同棲報道も出ているので男としてのケジメをつけたのでしょう」(ワイドショー芸能デスク)。

 佐々木も女盛りの29歳。渡部としてもこれ以上待たせるわけにはいかなかったのだろう。気になるのは佐々木の今後だ。引退して家庭に入るのかどうかはまだ分からないが、先日は深夜枠にもかかわらず人気を集めたテレビ東京系のドラマ「バイプレイヤーズ」にゲスト出演。GWには昨年放送のドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の映画版の公開を控えるなど、女優としての仕事は順調。しかし、「『バイプレイヤーズ』では司会者の役だったが、あまりの滑舌の悪さで評判は散々。『ラストコップ』の昨年12月に生放送された最終回ではテンパるあまり、主演の唐沢寿明を役名でなく『唐沢さん』と呼ぶ失態。女優としての評価は相変わらずだが、ビジュアルは飛び抜けているので“現場の華”として重宝されていますよね」(テレビ関係者)。

 佐々木が結婚したら、堂々とグルメの渡部とおいしいお店でデートできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る