佐々木希と破局説も アンジャ渡部建に“落ち目の秋”到来か

公開日: 更新日:

 仕事も私生活もいつも通りのつもりが、ふと潮目が変わったことに気付き、周りを見渡すことがある。お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)は、まさにそんな状況だ。

 森高千里(46)とのダブル司会で始まった水曜夜の音楽番組「水曜歌謡祭」(フジ系)は10月から金曜深夜枠へと、わずか半年で降格。フリーアナの田中みな実(28)と共に司会をしていた日曜夜の情報バラエティー「ニュースな晩餐会」(フジ系)が8月で打ち切りになったのに続き、2本連続でゴールデンタイムのレギュラー番組を失うことになったのだ。

「渡部は上田晋也有吉弘行のように、トークやMC(司会)のできるお笑いタレントとして、次代を担う存在だとTV業界で注目されていました。お昼のニュースバラエティー『ヒルナンデス!』(日テレ系)に『行列のできる法律相談所』(同)と、レギュラーや準レギュラーで出演する番組での評判が良く、有吉が事あるごとに渡部の悪口を言い、その勢いに嫉妬しているんじゃないかと言われたほど。だからこその森高千里とのダブル司会だったのですが、視聴率は低迷し森高とうまくやることもできなかった。相方の児嶋一哉の方に仕事が集まり、『渡部よりいい』という声がでるほど。これまでピーカンで、雲ひとつなかった空に暗雲が立ち込めてきた印象です」(スポーツ紙芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る