佐々木希と破局説も アンジャ渡部建に“落ち目の秋”到来か

公開日:  更新日:

 仕事も私生活もいつも通りのつもりが、ふと潮目が変わったことに気付き、周りを見渡すことがある。お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)は、まさにそんな状況だ。

 森高千里(46)とのダブル司会で始まった水曜夜の音楽番組「水曜歌謡祭」(フジ系)は10月から金曜深夜枠へと、わずか半年で降格。フリーアナの田中みな実(28)と共に司会をしていた日曜夜の情報バラエティー「ニュースな晩餐会」(フジ系)が8月で打ち切りになったのに続き、2本連続でゴールデンタイムのレギュラー番組を失うことになったのだ。

「渡部は上田晋也や有吉弘行のように、トークやMC(司会)のできるお笑いタレントとして、次代を担う存在だとTV業界で注目されていました。お昼のニュースバラエティー『ヒルナンデス!』(日テレ系)に『行列のできる法律相談所』(同)と、レギュラーや準レギュラーで出演する番組での評判が良く、有吉が事あるごとに渡部の悪口を言い、その勢いに嫉妬しているんじゃないかと言われたほど。だからこその森高千里とのダブル司会だったのですが、視聴率は低迷し森高とうまくやることもできなかった。相方の児嶋一哉の方に仕事が集まり、『渡部よりいい』という声がでるほど。これまでピーカンで、雲ひとつなかった空に暗雲が立ち込めてきた印象です」(スポーツ紙芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る