本格始動のはずが…いまだ“開店休業”中森明菜の現在地

公開日:

 中森明菜(51)がテレビからの出演オファーを50本以上蹴り、南の島でバカンス中との週刊誌報道に「なんで?」「引退なのか?」といった疑問の声が上がっている。昨年末に7年ぶりのディナーショーを成功させ、今年は本格再始動のはずじゃなかったのか、というわけだ。明菜を長く取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏(63)はこう言う。

「レコード会社もコンサートを企画しているし、新曲もすぐにリリースしたいでしょう。しかし、それらは今の明菜には禁句なのだと思う。せかして、また引きこもったり、5月にはサンフランシスコで予定している新曲づくりまでパーになったら元も子もない。結婚して誰かを養っているわけじゃない明菜にとって、お金はモチベーションにはならない。明菜を知らない若い世代に新たにファンになってもらおうとまでの気持ちは本人にないんじゃないでしょうか。いや、全くないわけじゃないにせよ、プロモーションやテレビ出演でまたぞろ芸能マスコミに追いかけられたりするくらいだったら、自分を見守ってくれるファンがいてくれ、その人たちが聴いてくれたら十分という心境なんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る