• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本格始動のはずが…いまだ“開店休業”中森明菜の現在地

 中森明菜(51)がテレビからの出演オファーを50本以上蹴り、南の島でバカンス中との週刊誌報道に「なんで?」「引退なのか?」といった疑問の声が上がっている。昨年末に7年ぶりのディナーショーを成功させ、今年は本格再始動のはずじゃなかったのか、というわけだ。明菜を長く取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏(63)はこう言う。

「レコード会社もコンサートを企画しているし、新曲もすぐにリリースしたいでしょう。しかし、それらは今の明菜には禁句なのだと思う。せかして、また引きこもったり、5月にはサンフランシスコで予定している新曲づくりまでパーになったら元も子もない。結婚して誰かを養っているわけじゃない明菜にとって、お金はモチベーションにはならない。明菜を知らない若い世代に新たにファンになってもらおうとまでの気持ちは本人にないんじゃないでしょうか。いや、全くないわけじゃないにせよ、プロモーションやテレビ出演でまたぞろ芸能マスコミに追いかけられたりするくらいだったら、自分を見守ってくれるファンがいてくれ、その人たちが聴いてくれたら十分という心境なんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る