• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫報道にダンマリ…渡辺謙が“釈明会見”を開かないワケ

 21歳年下の元ホステスとの不倫を報じられてから2週間、沈黙を貫いている俳優の渡辺謙(57)だが、日に日に旗色が悪くなっている。

 13日発売の「週刊文春」は続報として愛人の元彼氏の告白を掲載。元カレによると、愛人は「(渡辺が)甘いセリフをささやいてくれるところが好き」とのろけていたが、「(愛人が)謙さんの都合のいい女になっている」と感じていたという。その理由は、渡辺が主演した15年上演のブロードウェーミュージカルに愛人を招待したにもかかわらず、ホテル代、飛行機代は愛人が自腹。大阪に住む彼女が東京で会う際も新幹線代やホテル代も自腹だったという。

 さらに、愛人の友人が明かしたところによると、渡辺は愛人に「俺の子どもを産んでいいよ」「もし結婚できなかったら隠し子でもいい」と離婚をほのめかして求婚。そのため、渡辺からの金銭的援助が見込めなかったにもかかわらず、女性は交際を続けていたというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る