二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

大ヒット「やすらぎの郷」でも輝く浅丘ルリ子の存在感

公開日:

「目の付けどころがシャープでしょう」というCMコピーがあったが、放送中の昼ドラ「やすらぎの郷」(テレ朝系)がまさに「目の付けどころ」が大ヒットにつながった。

 石坂浩二を中心に浅丘ルリ子、加賀まりこと元妻、元カノの共演。3人はすでに70代になるが、80代の八千草薫、有馬稲子ら錚々たる女優も出演する。老人ホームを舞台にしたドラマは芸能界の側面を見るようなセリフもあり、売れる女性誌の鉄則「おや? まあ~ へえー!」が随所にちりばめられている。

 昼間の在宅率の高い中高年に目を付けたことがヒットの要因でもある。なかでも最近、注目度が高いのが浅丘。昼ドラだけでなく、大河「おんな城主直虎」でも今川義元の母親役として登場。ネットでは「メークが怖い」といった声もあるが、騒がれることは逆に存在感を示し注目されている裏返しでもある。仕事も好調ならおしゃべりも冴える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る