ドラマ不発続く松嶋菜々子 反町隆史との“夫婦格差”逆転か

公開日: 更新日:

 松嶋は01年にドラマ「GTO」で共演した俳優の反町隆史(43)と結婚。“世紀のカップル”ともてはやされ、今や2児のママに。結婚後も11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」が大ヒットするなど、「役者としての“格”は常に松嶋が反町より上で、収入面でも松嶋が一家の大黒柱です」(芸能プロ関係者)。

■反町の演技に年齢が追いついた

 ところが、ここにきて夫婦の“上下”関係が逆転してしまったという。というのも、松嶋は昨年の主演ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジ系)が全話の平均視聴率7%と期待外れの結果に。さらに今作の不発である。

 一方、反町は人気ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)で主演の水谷豊の“相棒”として定着し、今年2月に公開された映画版もヒットするなど役者としての存在感を高めている。

「反町のクサい演技に年齢が追いついてきた。他方、松嶋はそもそも演技に長けているわけではないため、ルックスとスタイルだけでは勝負できない年齢に差し掛かったということです」(ドラマ制作関係者)

 ひところは松嶋の“個人マネジャー”と揶揄されるほど仕事がなく、魚釣りばかりしていた反町だが、ようやく男の沽券を示すことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る