ゲス川谷とカナブーン飯田に共通項 “あの髪型”の深層心理

公開日: 更新日:

 清水富美加を狂わせた男、KANA-BOONのベーシスト・飯田祐馬(26)の風貌が、元祖ゲス不倫の川谷絵音(28)に似ている。若者の間では前髪の厚いマッシュルーム風カットが「ゲスカット」と呼ばれているという。

「第二のゲス不倫登場で、『ゲスカット』と言えばすぐイメージが共有できます」(都内の美容師)。ひょろっとした、色白バンドマン、顔まわりがうっとうしくて、オジサンには理解できないところだ。日大芸術学部の佐藤綾子教授(パフォーマンス学)はこう言う。

「『隠したい何か』があるからあの髪形を選ぶといえます。額にシワを寄せたりしたときの感情の変化、エラの張った顔から察する頑固な性格など、顔からの情報発信を髪で隠している。サングラスやマスクをかけるのと一緒です。全てを明かしている著名人と違い、まだこれから飛躍しようとする身ですから、後ろめたいものがある、責任をとりたくないという気持ちの表れが強いと思われます。そもそも、マッシュルームカットをはやらせたのは60年代のビートルズです。男らしくなくても、女性を守らなくても、逃げてもいいじゃないかという、英国紳士たるべき姿を放棄するムーブメントでした。まさに『責任を逃れたい』気持ちにフィットした髪形ともいえます」

 “ゲスカット”ヘア男子に要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る