• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「理想の芝居とは…」 高橋一生が“一役入魂”の思いを語る

「『高橋一生、チョー激務じゃね?』などと心配なさらず、どうか、ひとりの男、小野但馬守政次として見てほしい」

 柴咲コウ(35)演じる主人公とは幼馴染みだが、腹に一物を抱え、家中で孤立した父親と同じ道をたどろうとしている筆頭家老を演じている。新たな局面を迎える7日の放送回を前に応じた取材会。ドラマに映画に引っ張りダコの多忙な状況を引き合いに出し、目尻にしわを寄せて笑いながら“一役入魂”の思いを訴えた。

 あるときはニヒルな政治家秘書、またあるときは屁理屈や、うんちく好きのビオラ奏者――さまざまな役に扮し、ワンクールにダブルヘッダーでの連ドラ出演も珍しくないが、高橋一生(36)流の役作りはこうだ。

「ホン(脚本)はいつも自分以外の誰かを演じるつもりで読むのではなく、そもそも僕自身だと思いながら読む。僕が理想とする芝居はまさに文字通り、“芝の上に居る”だけで何もしないこと。セリフの応酬で見せるのではなく、言葉の間や呼吸を大事にし、カメラの前に居るだけで語れるようになる。この思いは年々強まるばかりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る