「理想の芝居とは…」 高橋一生が“一役入魂”の思いを語る

公開日:

「『高橋一生、チョー激務じゃね?』などと心配なさらず、どうか、ひとりの男、小野但馬守政次として見てほしい」

 柴咲コウ(35)演じる主人公とは幼馴染みだが、腹に一物を抱え、家中で孤立した父親と同じ道をたどろうとしている筆頭家老を演じている。新たな局面を迎える7日の放送回を前に応じた取材会。ドラマに映画に引っ張りダコの多忙な状況を引き合いに出し、目尻にしわを寄せて笑いながら“一役入魂”の思いを訴えた。

 あるときはニヒルな政治家秘書、またあるときは屁理屈や、うんちく好きのビオラ奏者――さまざまな役に扮し、ワンクールにダブルヘッダーでの連ドラ出演も珍しくないが、高橋一生(36)流の役作りはこうだ。

「ホン(脚本)はいつも自分以外の誰かを演じるつもりで読むのではなく、そもそも僕自身だと思いながら読む。僕が理想とする芝居はまさに文字通り、“芝の上に居る”だけで何もしないこと。セリフの応酬で見せるのではなく、言葉の間や呼吸を大事にし、カメラの前に居るだけで語れるようになる。この思いは年々強まるばかりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る