二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高橋一生の大ブレークで「塩顔男子」ブーム到来の予感

公開日:

 ジャニーズファンはまだ先輩のバックで踊っている“Jr”時代から「この子いい」と目を付け、メジャーデビュー後に注目を浴びると喜びも増すという。役者の世界も似ている。俳優・高橋一生(36)がドラマファンの間で「いいね」と密かに注目していたのは3年ほど前のことという。高橋もファンの見立て通り、今や人気沸騰。すでに「今年の顔」と言われているほどになった。

 旬な役者に敏感なのが女性誌。3月1日に発売された「an・an」(マガジンハウス)では、細マッチョな肉体を出して、モデルの女性と大胆に絡むグラビアで登場した。この特集はジャニーズタレントを主に「人気のバロメーター」と言われる。高橋の号もたちまち完売した。今週も女性誌が特集を組み、高橋ブームを後押ししている。

 高橋は典型的なイケメンではない。俗に「塩顔男子」と呼ばれる。昨年、大ブームを巻き起こした星野源や、女優からの指名率ナンバーワンと言われる池松壮亮と同じタイプの役者。3人の出現は、イケメンが飽和状態になり塩顔男子ブーム到来を予感させるものでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る