二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

高橋一生の大ブレークで「塩顔男子」ブーム到来の予感

公開日: 更新日:

 ジャニーズファンはまだ先輩のバックで踊っている“Jr”時代から「この子いい」と目を付け、メジャーデビュー後に注目を浴びると喜びも増すという。役者の世界も似ている。俳優・高橋一生(36)がドラマファンの間で「いいね」と密かに注目していたのは3年ほど前のことという。高橋もファンの見立て通り、今や人気沸騰。すでに「今年の顔」と言われているほどになった。

 旬な役者に敏感なのが女性誌。3月1日に発売された「an・an」(マガジンハウス)では、細マッチョな肉体を出して、モデルの女性と大胆に絡むグラビアで登場した。この特集はジャニーズタレントを主に「人気のバロメーター」と言われる。高橋の号もたちまち完売した。今週も女性誌が特集を組み、高橋ブームを後押ししている。

 高橋は典型的なイケメンではない。俗に「塩顔男子」と呼ばれる。昨年、大ブームを巻き起こした星野源や、女優からの指名率ナンバーワンと言われる池松壮亮と同じタイプの役者。3人の出現は、イケメンが飽和状態になり塩顔男子ブーム到来を予感させるものでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る