親子2代でNHK大河主演 勘九郎が偉大な父と肩を並べる日

公開日:

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(35)が19年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(宮藤官九郎脚本)で主演を務めることが3日、発表された。父の勘三郎は99年の大河「元禄繚乱」で主演しており、親子2代で大役を務めることになるが、「素直にうれしい」と喜びを語った。

 阿部サダヲ(46)とダブル主演でピンではないが、歌舞伎同様、“大河”でも座長を張るまでに成長した。偉大な父と比較され苦しんだ時期もあったが、「最近はオヤジに似てきた」(梨園関係者)と評判も上々。テレビの大舞台でも魅せてくれそうだ。

「いだてん」は五輪の歴史を題材にしたクドカンオリジナルの脚本だが、主演の2人が演じるのは実在した人物だ。ストックホルム大会(1912年)で日本人として初参加したマラソン選手の金栗四三(勘九郎)と、64年の東京五輪招致に尽力した新聞記者の田畑政治(阿部)にスポットを当て、半世紀にわたる東京の移り変わりを群像劇で描いていくという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る