鈴木敏夫
著者のコラム一覧
鈴木敏夫

山田洋次監督率いる「山田組」スタッフの記録係。1970年に松竹入社。「男はつらいよ望郷篇」「釣りバカ日誌」シリーズの助監督を務める一方、「サラリーマン専科」シリーズ等の脚本も執筆。96年には松竹シナリオ研究所所長に就き、06年の退社以降、山田組に復帰している。

<第4回>蒼井優が語る山田組の厳しさ「もう呼ばれないかと」

公開日: 更新日:

 山田洋次監督(84)の最新作「家族はつらいよ」(12日公開)で3作品目の“山田組”参加となった女優の蒼井優(30)。山田組の重鎮で本作でシートマンを務めた“名物記録係”鈴木敏夫氏(69)と語る知られざる舞台裏とは――。

  ◇  ◇  ◇

鈴木 優ちゃんにとって山田組は「おとうと」(10年)、「東京家族」(13年)に続く3作目だよね。

蒼井 はい。前2作品とは違ってスタートは気がいくぶん楽でした。共演者やスタッフの方々と出来上がっている距離感があり、迷った時は敏夫さんのところに駆け込めばいいっていう安堵感。

鈴木 いわば、山田学校の駆け込み寺ってところかな。

蒼井 山田さんって急にオッケーが出なくなる瞬間がある。「なんか違うんだよなあ」っておっしゃって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る