総選挙も新鮮味なし…“大企業病”に陥るAKB48への処方箋

公開日: 更新日:

「AKBもそろそろ末路だろ?」とビートたけしは言い、ほとんどのメディアも同じ論調だ。先の選抜総選挙も、須藤凜々花(20)の突然の「結婚宣言」で荒れたが、それによって話題になったのだから、関係者は結果オーライではないか。

 指原莉乃(24)の3連覇、はたまた渡辺麻友(23)の卒業発表に、世間の耳目を集めるほどのインパクトはなかった。山本彩(23)に柏木由紀(25)と、人気のメンバーは出馬を辞退していたし、総選挙の開催自体が危ぶまれていたのも事実。来年が節目の10回目となるAKB48選抜総選挙。国民的アイドルグループに成長したAKBも過渡期にあり、存続を危ぶむ声も少なくない。

■“社外”からヘッドハンティングのアイデア

「AKB48を大きく急成長した会社になぞらえると、次の一手が見えてくるような気がします」とイラストレーターで芸能コラムニスト、おおしまりえ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る