日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

総選挙も新鮮味なし…“大企業病”に陥るAKB48への処方箋

「AKBもそろそろ末路だろ?」とビートたけしは言い、ほとんどのメディアも同じ論調だ。先の選抜総選挙も、須藤凜々花(20)の突然の「結婚宣言」で荒れたが、それによって話題になったのだから、関係者は結果オーライではないか。

 指原莉乃(24)の3連覇、はたまた渡辺麻友(23)の卒業発表に、世間の耳目を集めるほどのインパクトはなかった。山本彩(23)に柏木由紀(25)と、人気のメンバーは出馬を辞退していたし、総選挙の開催自体が危ぶまれていたのも事実。来年が節目の10回目となるAKB48選抜総選挙。国民的アイドルグループに成長したAKBも過渡期にあり、存続を危ぶむ声も少なくない。

■“社外”からヘッドハンティングのアイデア

「AKB48を大きく急成長した会社になぞらえると、次の一手が見えてくるような気がします」とイラストレーターで芸能コラムニスト、おおしまりえ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事