山崎夕貴が看板に泥 「フジ女子アナ」復活に早くも暗雲

公開日: 更新日:

 フジテレビが“女子アナブランド”の復活へ向けて動きだしたのだが、早くも暗雲が立ち込めているという。きっかけはピン芸人・おばたのお兄さん(29)との交際が発覚した山崎夕貴アナ(29)だ。社内からの評判が芳しくない。

「フジの女子アナだったらもう少し、レベルの高い男と付き合ってほしかったというのがホンネです。『おばたのお兄さん』と言われても9割以上の局員がピンとこなかった。そもそも女子アナは夢を与えるのが仕事です。誰もが羨むセレブと交際することで局のイメージもアップする。ただ、今のフジテレビの現状なら、『おばたのお兄さん』クラスがお似合いだと言われているようで、少し複雑な気持ちです」(フジ関係者)

■いつも間にか安っぽい感じに

 フジの女子アナといえば、先日、新人の久慈暁子アナ(22)を抜擢し、7月から新番組「クジパン」をスタートすると発表したばかり。新人アナによる深夜のトーク番組「パンシリーズ」を3年ぶりに復活させたとあって、局内の期待も大きかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る