日枝氏“院政宣言”が象徴 フジ局内「パワハラ横行」の深刻

公開日:

 今月の株主総会をもってフジテレビとフジ・メディア・ホールディングスの会長を退く日枝久氏(79)。発売中の文芸春秋で、社長交代の内幕などを語っているのだが、その内容にフジ社内からは「自ら院政を認めたようなものだ」との声が上がっている。

 今回の人事では、フジの亀山千広社長(60)が退任しBSフジの新社長に、BSフジ現社長の宮内正喜氏(73)がフジの新社長に内定。日枝氏は代表権のない取締役相談役に就くが、事実上の院政といわれている。文芸春秋に対し、日枝氏は「院政なんてありえない」と答えているが、一方で「今までフジテレビやフジサンケイグループを率いてきた人間として、潔くなくてもグループを守りたい」と意欲を見せたのだ。

「『オレはまだまだやるよ』という宣言でしょう。文芸春秋の中で日枝さんは、亀山さんをかばったり、『一度外に出て戻ってこられるのはすごくいいこと』とも言っている。今社員たちが一番恐れているのは、数年後に亀山さんが会長として戻ってくること。視聴率、業績の低迷の“元凶”であることはもちろん、亀山さんは会議などで『リストラしたほうがいい』『社員のボーナスをゼロにすべきだ』と進言している。社員としてみれば、自らの手腕を棚に上げて、どういうつもりだという話です」(フジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る