日枝氏“院政宣言”が象徴 フジ局内「パワハラ横行」の深刻

公開日: 更新日:

 今月の株主総会をもってフジテレビとフジ・メディア・ホールディングスの会長を退く日枝久氏(79)。発売中の文芸春秋で、社長交代の内幕などを語っているのだが、その内容にフジ社内からは「自ら院政を認めたようなものだ」との声が上がっている。

 今回の人事では、フジの亀山千広社長(60)が退任しBSフジの新社長に、BSフジ現社長の宮内正喜氏(73)がフジの新社長に内定。日枝氏は代表権のない取締役相談役に就くが、事実上の院政といわれている。文芸春秋に対し、日枝氏は「院政なんてありえない」と答えているが、一方で「今までフジテレビやフジサンケイグループを率いてきた人間として、潔くなくてもグループを守りたい」と意欲を見せたのだ。

「『オレはまだまだやるよ』という宣言でしょう。文芸春秋の中で日枝さんは、亀山さんをかばったり、『一度外に出て戻ってこられるのはすごくいいこと』とも言っている。今社員たちが一番恐れているのは、数年後に亀山さんが会長として戻ってくること。視聴率、業績の低迷の“元凶”であることはもちろん、亀山さんは会議などで『リストラしたほうがいい』『社員のボーナスをゼロにすべきだ』と進言している。社員としてみれば、自らの手腕を棚に上げて、どういうつもりだという話です」(フジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る