日枝氏“院政宣言”が象徴 フジ局内「パワハラ横行」の深刻

公開日: 更新日:

 今月の株主総会をもってフジテレビとフジ・メディア・ホールディングスの会長を退く日枝久氏(79)。発売中の文芸春秋で、社長交代の内幕などを語っているのだが、その内容にフジ社内からは「自ら院政を認めたようなものだ」との声が上がっている。

 今回の人事では、フジの亀山千広社長(60)が退任しBSフジの新社長に、BSフジ現社長の宮内正喜氏(73)がフジの新社長に内定。日枝氏は代表権のない取締役相談役に就くが、事実上の院政といわれている。文芸春秋に対し、日枝氏は「院政なんてありえない」と答えているが、一方で「今までフジテレビやフジサンケイグループを率いてきた人間として、潔くなくてもグループを守りたい」と意欲を見せたのだ。

「『オレはまだまだやるよ』という宣言でしょう。文芸春秋の中で日枝さんは、亀山さんをかばったり、『一度外に出て戻ってこられるのはすごくいいこと』とも言っている。今社員たちが一番恐れているのは、数年後に亀山さんが会長として戻ってくること。視聴率、業績の低迷の“元凶”であることはもちろん、亀山さんは会議などで『リストラしたほうがいい』『社員のボーナスをゼロにすべきだ』と進言している。社員としてみれば、自らの手腕を棚に上げて、どういうつもりだという話です」(フジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る